男性スタッフ

鳩による被害を防ぐ方法│鳩を駆除する業者に相談を

ハチを自力で駆除するには

ねずみ

蜂を退治するにはまず防護服などの必要最低限のものを準備することからはじめます。蜂の退治は夜がベストです。夜は蜂の活動が鈍るので、その隙に殺虫剤を噴射するのが効果的です。ただ、スズメバチの場合は大変危険なので業者に依頼するのが良いです。

もっと詳しく

スズメバチの巣には要注意

ネズミ

一般的に害虫と言えば、ムカデやノミなどの印象がありますが、特に被害が大きいと言われる虫が蜂なのです。スズメバチなど猛毒を持った蜂は刺された場合、アナフィラキシーショックによって死亡してしまうことがあるので、早めに退治する必要があります。

もっと詳しく

大きな巣を発見したら

住宅

大きなハチの巣が家の近くにあると、人間に被害を与えることがあるため刺激しないように気をつけなければいけません。そんな時にハチ退治をしてもらいたいのなら、専門業者に依頼するのが賢い方法です。安全に素早く退治してくれるため便利です。

もっと詳しく

糞による被害が深刻です

家

同じ場所に戻って来ます

鳩は一度やってくると、同じ場所に戻って来る習性があります。そのため、放置すると被害が大きくなりがちなので注意が必要です。発生件数の多いのが糞による被害です。鳩の糞は、悪臭の原因になったり、害虫を発生させてしまったり、ねずみが寄ってきてしまうこともあります。アレルギー性喘息やアトピー性皮膚炎など健康への被害も報告されています。たかが鳥だと思って対策をしないでいると、巣を作って棲み着き、数が増えてしまうこともあるので、放置は厳禁です。鳩除けのネットをベランダに張るなどの対策が必要です。目立たない色のネットなら、外観を損なわずに利用できます。鳩の対策グッズが開発されていますので、利用するのもおすすめです。

グッズがあります

鳩の対策グッズには、ネットの他に置くタイプや吊すタイプ、威嚇するタイプなど、さまざまな種類があります。これら忌避用品は、ホームセンターで手軽に入手できます。効果が高いのは、鳩がとまりやすい場所にスパイクやコイル、ワイヤーなどを設置する方法です。鳩をとまらせないことが糞をさせない、近寄らせない、第一歩になります。他には、スプレータイプの薬剤や固形の忌避剤も効果的です。特に固形の忌避剤は、置いておくだけで鳩を遠ざけてくれるので手軽に使えます。ただし、小さな子供がいる家庭では、誤って触ったり、なめたりしないよう、扱いに注意が必要です。キラキラ反射するものを吊すのもある程度の効果があります。それでも被害が減らないようなら、専門の駆除業者に相談するとよいでしょう。

業者に依頼する

鳩による被害が悪化してくると、対策グッズだけでは防ぐことができないということで、鳩の駆除を行なう駆除業者に依頼して問題を解決してもらいましょう。駆除業者はたくさんあるためどの業者を選べばいいか分からない人は、その人におすすめの業者を紹介してくれる仲介業者に相談しましょう。ここに相談すれば、自分達で業者を探す手間を省くことができますし、相談料も無料ですから安心して質問や相談をすることができるはずです。