男性作業員

鳩による被害を防ぐ方法│鳩を駆除する業者に相談を

スズメバチの巣には要注意

ネズミ

スズメバチの恐怖とは

日本国内には私たちに危害を加える害虫がたくさんいます。例えばムカデやノミ、そしてアブやハチ等です。中でもハチは蜂毒を注入するための毒針を持ち、刺されると赤く腫れあがるだけではなくアナフィラキシーショックを引き起こすことさえあるのです。特に、スズメバチは恐ろしいハチで、集団を組んで敵とみなした相手を攻撃します。そして、スズメバチが持つ毒針は強力ですから厚手の服をも貫通させる威力があるのです。また、スズメバチはその毒針から大量の蜂毒を注入しますから、刺されると他の種類のハチとは比べものにならないほどひどく腫れて痛みを伴うことになります。さらに、体内で蜂毒に対する抗体ができてしまうと、次に刺された時には蜂毒と抗体が過剰に反応しアナフィラキシーショックを起こすことになるのです。

刺されないための対策とは

スズメバチに刺されないための対策とは一体どのようなことをしたら良いのでしょうか。対策のポイントはやはりスズメバチに近づかないことと、刺激を与えないことです。特に、スズメバチの巣には注意が必要で危険ですから絶対に近づいてはいけません。そして、自宅近くにスズメバチの巣を見つけた時には、スズメバチを退治することも考える必要があります。スズメバチ退治とは、殺虫剤を用いて飛び回るスズメバチを死滅させるのと同時にスズメバチの巣も除去してしまうことです。スズメバチ退治は、とても危険な作業ですから素人では荷が重すぎます。ですから、スズメバチ退治の専門家をインターネットで探して退治してもらうことです。